自然に優しい住宅とは

環境共生住宅は地球環境保全や周辺環境との調和等融合した住まい環境ですが、自然にやさしいといったこと以外にその家に住む方が快適に長く住めるといったことも目的のひとつとなっています。どれが欠けても環境共生住宅とは呼べません。それぞれの目的がバランスよく調和されてた家が環境共生住宅と呼べます。そうした住宅に住むメリットですが、省エネ、調和と美しさなどがあります。家庭で消費される電力抑えて国内のエネルギー消費抑えること目的にしていて、高断熱材を使って暖気など循環させて夏すぐしく冬暖かく過ごせます。またリサイクル材をつかった家にして建設時のエネルギー軽減させて生産力節約が可能です。自家発電システム搭載された家も環境共生住宅として定義付けられていて、太陽光発電パネル搭載して自宅で使用する電力を自ら発電する太陽光発電や雨水貯蔵してとりいれ洗浄水、ガーデニング用に利用する雨水利用システムも環境共生住宅設備となります。